fc2ブログ
2024年4月3日


大阪旅行、と言っても親友の持つ記の川山中にある別宅兼工房を訪ねて再会を喜び大いに笑い合った旅だったのだが、それについてはポルトに帰ってから詳しく書きたい。


が、一つだけ、愉快な誤解エピソードをあげておく。


11時少し前の新幹線で東京を発ち、待ち合わせ場所の大阪メトロなかもず駅で無事出会うことができ、二人して抱き合って喜んだ。さぁ、行こう、和歌山へ!と、なにゆえなかもず駅で会ったのかをすっかり失念し、みちべぇの運転する四駆で葛城山の望める山中の村へと向かったのである。 


そろそろ目的地に着こうかという頃に、「あっ!」とわたし。「宝木さん~」我が友みちべぇさんもありゃ~と二人して顔見合わせ(笑)。ビアハウス時代の先輩宝木さんの消息を知りたくて、彼女の住まいがある堺は三宝町を廻るつもりであったのだ。そのためのなかもず駅待ち合わせが・・・ これは別エピソードにてご紹介申す。しょっぱなからこんなことをしでかす我ら野次喜多道中ではあった。

友の別荘兼工房に着いた。車をおりると旧家の古い木の大門が迎えてくれる。この門をくぐるのは今回で何度目であろうか。グラサンをかけたままキャリーケースを引きずって庭を抜け、あがりかまちに続く玄関口をまたぐ。


と、玄関口の土間から二階に続くヒノキの階段に一段目二段目三段目と小さい女の子3人が並んで「ハロー」とわたしを迎えてくれるではないか。「ん?」と一瞬思いつつわたしも「Hello」と返す。すると、続けて「マイネーム イズ ○○」「マイネーム イズ○○」「マイネーム イズ ○○」と3人とも英語で自己紹介してくる。思わず「えー!」


春休みで友の孫のクラスメートが集まっていたらしく、周囲の話でポルトガルから客が来ると聞いたのであろう。ポルトガル故てっきり外国人だと思ったがための英語自己紹介であった。とっさにグラサンを外し、「日本人ですよ~」の言葉に彼女らはきょとん、大人は大笑いの一件ではあった(笑)
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ