fc2ブログ
2024年3月5日 

久しぶりの帰国を一週間後に控えているのですが、毎朝パソコンで目にする母国のニュースが酷い。後に起きて「おはよう」とPC画面でニュースを読んでいるわたしの背中に声をかけてくれる夫に、振り向いておはようと返す自分の顔が怒っているのに気づく。

いかんせん、近頃の嬉しくないニュースに腹から沸々と怒りがこみ上げてくるもので、だんなさま、すんまへん。

何が面白くないかと言うと、これうよ!と一つ二つではなくて、あれもこれもあり、これらのことに何の手も打たずこの先日本は大丈夫なのか?と大きな不安が頭をもたげて来ます。

気になる最たるものの一つが、メガソーラーの侵略です。南国のように年中暑いわけではない日本。台風や地震等の自然災害に襲われがちで、しかも平野が少ない日本にメガソーラーは適切ではない、むしろ環境破壊だとわたしは考えます。

案の定、近頃は山を切り崩してまでもメガソーラーが侵略しています。つい先ごろは奈良護国神社前池中古墳がこのメガソーラーに取り囲まれたということを知りました。

奈良古墳1

ぎょえ~!これ、どないしますの?しかし、少し調べてみると、なにも奈良の古墳だけではありません。

群馬県太田市1
古墳とメガソーラーの共存をはかるというが、どこが?群馬県太田市

千葉県東金市1
千葉県東金市

これらパネルの廃棄方法が分からない上に、災害などで壊れた場合も触ると感電死する可能性があるため放っておくことになるとすれば、光景は更に酷い状態になります。

こちらは阿蘇外輪山の状況


なんだか見ているだけで悲しくなります。農作物にも大きな影響を及ぼすはずです。これらわたしが取り上げた画像はメガソーラーの侵略のほんの一部です。パネルに覆いつくされた自然の画像を目にするたびに心が痛みます。

政府が野放しにせず少なくとも山林や古墳周囲の土地を買い上げるなどして、まずは土地の保護ができないものでしょうか。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ