fc2ブログ
2024年2月29日

東京近郊に住む我がモイケル娘がそろそろ寝ようかという時間にスカイプで呼び出した。「このホテル、予約を取っておくんなさい!」

ようやく弘前の宿の確保ができて一安心である。本当は桜が満開になるであろう4月20日過ぎに行きたいところなのだが、ホテルはべらぼうに高くなっており空室もない状態で、やむなく4月上旬、宿泊費がドカーンと上がる寸前のを見つけることができたのだ。

わたしが一人で故郷へ行くのは今回が2度目である。いつもは所沢の妹夫婦と一緒に義弟が運転する車に同乗して行くのだ。長い間、どこに生きているとも分からぬわたしが突然同窓会に姿を現したので、同窓生たちはさぞかし驚いたことであろう、あの当時の津軽行を再掲したい。以下、古い話です。

某年某月某日

東京では桜の開花のニュースも聞かれる3月も半ば過ぎだというのに、上野から東北新幹線で弘前駅に着いて見るとみぞれが降っていた。

これでは、幼い頃に住んでいた下町、かつての祖母の家があった周辺を歩いて訪ねるのは愚か、その日の予定の墓参もままならぬ。タクシーを拾ってホテルにチェックインし、懐かしい数人の同窓生たちとの夕食時刻まで、ホテル内で時間をつぶすしかあるまい。夕暮れにはまだ数時間あった。

最後にこの駅に降り立ったのはいったいいつのことであったろう。すでに列車を降りた客の姿もなくなったプラットフォームの階段を登り、そんなことを思いながらゆっくりと出口へ向 かった。と、前方から「ソデ」と呼ぶ声がし、その声の主がいる方向に目を向けると、出口の向こうに思いがけなくタコ君の顔を発見した。

「ソデ」とはわたしの苗字の漢字の一字で、わたしは高校時代の友人たちからはそう呼ばれていた。「タコ君!どうしてまたここに!」 聞くと今日のわたしの弘前行きは知っていたので、所沢の妹宅に電話をしたらわたしは既に家を出た後。恐らくこれくらいの時間に到着するであろうと頃合いを見計らい思い弘前駅まで出迎えに来てみたのだそうだ。タコ君を弘前時代から妹も知っている。

こみあげる懐かしさを胸いっぱいに、なのに言葉は「お久しぶり」とさりげなく。タコ君の車はわたしを乗せ、ひとしきり降る霙の中、弘前の町に入って行った。

商店街の土手町を通り抜け、やがて桔梗野へ入り、小学校があるあたりをタコ君はゆっくり通ってくれた。小学校のすぐ横には、高校時代にかつてわたしたち家族が住んだ埴生の宿があったのだ。家のすぐ側にはに昔の工場の廃屋があって、わたしたちの家は小さな台所と狭い二間がある昔の工員たちの宿舎のひとつであった。今はその影もなく、辺り一帯は新しい住宅地と化していた。

小学校の校庭には思い出がある。どんなに懸命に力を振り絞って走っても足の遅いわたしは体育祭が嫌いだった。高校1年の年に一念発起。妹に手伝ってもらい、体育祭に向けて、すぐ横にあるこの小学校の校庭で毎夜走る練習をしたのだった。一等とまでは行かなかったが、その年わたしは生まれて初めて走ることで2等をもらったのである。あの頃の妹とわたしの思い出がチラリとも感じられなかったみぞれの降りしきる新しい校庭であった。

タコ君はやがて我らが母校「弘前南高校」へと車を走らせた。
続きます。

★「埴生の宿」のエピソードはこちら→ 「口笛吹けば

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ