fc2ブログ
2024年2月12日 

一時期スマホにインストールして時に使用していたLINEだが、セキュリティ面で大いに問題があるとの話を聞き、ポルトガルにいるとさほど必要性も感じなかったので、LINEで繋がっていた知人たちには申し訳ないがわたしは即、LINEをスマホから削除した。

しばらくすると、それまでガラケーしか使っていなかった妹から、スマホに買い替えたからLINEで繋がりたいと連絡が来た。妹はFacebookもスカイプもしていないので連絡は逐一メール、もしくは隔週おきの国際電話だ。メールボックスもしょっちゅう確認する人ではないらしいので、え~とは思ったもののLINEを再開した次第である。

LINEで繋がっているのは、パソコンを持っていないのでメールのやりとりができないという二人の友人と妹だけである。

その一人が我が故郷弘前に住んでおり、時折メッセージのやりとりをする。先週金曜日に彼女からメッセが入った。「明日、同窓生のいつものメンバーで旧正の新年会で集まるんだけど、電話参加できそう?」

おぉ~、参加しようじゃないの!って、土曜日朝は日本語授業があるんだが、時間は大丈夫だろかと会合時間を見てみると、うむ、授業少し前にできる!と相成った。 帰国時にはわたしの弘前帰郷に合わせてこの友人が同窓生たちに声をかけて会合を開いてくれるのだ。

一昨年、3年ぶりの秋の帰国では日本到着すぐにコロナ感染し、その後滞在中ずっと体調悪くてどこへも行けず、せっかくの2か月の休暇をふいにしてしまった。弘前には5年程帰っていないことになる。

というわけで先週土曜日は同窓生の新年会にLINEで参加した。8人ほどのメンバーが集まったようで、一人一人と友のスマホでLINE電話挨拶であった。参加者のうちの3人とは高校卒業以来初めて言葉を交わした人たちだ。

ほとんど60年近くの月日が流れとるわい。それを「やぁ、お久しぶり」だなんて、なんだかおかしい。第一、バッタリ会ったらどこのだれやら分からないほどの年月が流れているのだ。結局、「どうもぉ」「あ、どうもどうも。元気ですか?」ってな具合で、野暮ったいったらありゃしない(笑)

こんな未来の日を高校時代には描きもしなかった。あれから幾星霜が経ったが、同窓生一同が顔を合わせたら、どんな光景になろうか。ここまでこぎつけなかった同窓生もいるわけだが、我らみな喜寿に相成る、相成った。

電話参加に誘ってくれた友に感謝して、春の帰国にはなんとしてでも帰郷したいと思っている。

ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ