fc2ブログ
2023年11月27日 

キンタ・ダ・バカリョアとは少し離れたところにあるバカリョアワイン社は、ポルトガル最大のワイン生産社のひとつだと言われます。1922年に創立され、ポルトガル国内の七つのぶどう産地で採れるぶどうで生産される赤、白、ロゼ、マスカットのバカリョアワイン。その50%は主にブラジル、カナダ、フランス、スイス、アメリカに輸出されます。

quinta5_1.jpg

見学コースは、小宮殿の後、ワインケーブを見学してワインの試飲となるのですが、これまにあちこちでワインケーブを見てきたので、わたしは荘園と小宮殿をみることのみ家族に提案しました。それでも、赤、白、ロゼとそれぞれのワインの試飲はできました。ここで、ワイン好きの義弟の誕生日の贈り物として、50ユーロの赤ワインを一本購入、彼の誕生日に合わせて郵送しましたが、気に入ってくれたでしょうか。

さて、実はワインよりもわたしの興味をひいたものがこのワイン社の庭にあったのです。試飲している最中に、目に入ったのが下の写真です。

quinta1_1.jpg

一瞬、日本のお墓に似てるんでは?の印象を持ったもので、帰りがけに見て見ました。案内板があり、読むと日本人の彫刻家が作った石庭なのだそうです。

quinta3_1.jpg

Niizuma Minoru、世界的に知られた石の彫刻家(1930-1998)、東京に生まれシントラで没したとあります。 う~む、シントラで亡くなられたのか・・・と、一時期休暇になるとシントラに何度も出かけては撮影していたもので、そこで亡くなったことにも興味を持ち、Niizuma Minoru氏について調べたのでした。

次回はNiijima Minoru氏の作品をブログにあげてみたいと思います。
ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ