fc2ブログ
2023年10月5日 

Oちゃん、久しぶり!新コースの準備、進んでる?と、エラそうに先輩風吹かせて、相棒のOちゃんにメッセを送ったところ、「全然気分が乗らなくて全く進んでないです~」と返信が来た。

あら?Oちゃん、空の巣症候群だなと即思った。成長した子供たちが巣立って、巣、つまり家の中が空っぽになったような喪失感をいうのだ。

この秋から、Oちゃんの息子君もお姉さん同様リスボンの大学に籍を置くことになった。リスボンんで姉弟の共同生活が始まったのである。今迄4人家族でワイワイやっていた家が、一人去りまた一人去り、結局夫婦二人になってしまったというわけだ。わたしは既にそれを経験しているのでOちゃんの喪失感が手に取るように分かる。
Japanweek_2010.jpg

Oちゃんとわたしの間には親子ほどの年齢差があるが、2010年に開催されたポルト市と東京の国際親善協会共催の大イベント「Japan Week」のコーディネーターを無理矢理頼まれ、結局引き受ける羽目になったのだが、その時に、若いOちゃんをいっしょにイベント準備をしないかと誘ったのが付き合いのきっかけである。イベント準備は1年間続いた。しんどかったな・・・
bmag-8_2023.jpg
日本文化展示会

2023.jpg
影絵「百万回生きたねこ」

わたしは粗忽物でよく失敗をやらかすが、Oちゃんは若いのにしっかりしている。その彼女も時にわたしがするようなそそっかしさがあったりして、性格は違うがどことなく波長が合うのだろう、いつの間にか日本文化展示会や影絵創作、上映の手伝いに引っ張り出すことになった。しまいには、YY日本語塾にも及び、今日まで続いてきた付き合いである。

Ochanshouse2_2023.jpg
YY日本語塾。対面授業もコロナ禍で中止

「日本語を話す会パーティー」
food3_2023.jpg

年に一度の全生徒集合のパーティーはわたしたちの手作り食品。しんどかったけど楽しかった。コロナ禍で中止。

Food4_1_2023.jpg

子どもが巣立って行くのは嬉しいような寂しいような。一時期、わたしももぬけの殻だった。夫と二人きりになってしまった頃、こんなことをつぶやいている。

『子育てが済んだらその時間であれができよう、これができよう。飼っている4匹のネコたちがいなかったら、朝一番、眠気まなこでトイレの砂を片付けんで済むし、さらに日本語教室で生徒が家に出入りするので、匂いを消すために日中しょっちゅうトイレの砂をさらわんですむ。(我が家では人間のトイレは二つ、ネコトイレは三つ置いてある。)えさ代だってバカにはなりません。

そう考えることは度々あった。もちろん、これで親としての役割が終わりだとは思っていないけれども、多分一区切りついたとは言えるでしょう。後は送金の大きな問題が残るが(笑)

さぁ、あれもできるし、これもできるぞ!好きなことをして充実した時間を持とう!人生はこれからだ!ところがですね、なんと言いましょうか・・・そう行かないんですよね。

もう、毎日昼ごはんを食べに学校から戻ってくる子がいないし、昼食をつくる手間がはぶけ、洗濯アイロンかけも夫婦二人分は知れている。部屋も子供たちの二部屋はしょっちゅう掃除する必要もないので時間は十分あるはず。それなのに、なぜか家の中をウロウロばかりしている。いったいどこが充実しているのだ?


と。我がモイケル娘が日本へ旅立った後は、わたしは目も当てられない状態だったと思う。何しろ周囲には「一卵性母子」と言われたくらいだったから。ため息ばかりついて娘の部屋を眺めては涙ぐんだりしていた。息子はその当時、まだリスボン住まいだったので、親孝行にも月に2度ほど週末に帰って来てくれたものだ。

それで、少しでも寂しさをまぎらわせようと、わたしは日本語学習希望者を積極的に受けるようになったし、「デジカメ一人探検隊」と称しポルトの街を散策してはデジカメでパシャリ。スポットスポットの歴史が知りたくてポルトガル語の独学も始めたと言う次第。

ついでに言えば、ポルトの街案内をブログでし始めたことで、某小冊子のライターにスカウトされ、これまでにない経験を10年以上させてもらった。

Oちゃん、大丈夫。今の空の巣症候群は消えるよ。それに、娘ちゃんも息子君も、思い立ったら車、電車3時間ほどでリスボンだわさ。いつでも会える!これが日本となるとなぁ・・・遠過ぎるんだわ、お金がかかり過ぎるんだわ。

そのOちゃんは、寂しさを紛らわすためか、日本に飛び立って3週間ほど後に帰って来る。そんなわけで、彼女が担当の日本語初級コースは11月開講と相成った。個人塾だからできることではあ~る。英気を養ってきてください。

ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
精力的に活動をされていてすばらしいなあと、常々思っていたのですが、お子さんたちが巣立たれたことも、なんとそのきっかけだったのですね!

日本語を話す会のお料理、とってもおいしそうですし、皆さん、楽しみにされ、楽しまれていたことでしょうね。どうかいつか再び、こういう食事会を安心して開催し、参加できる日が戻ってきますように。
2023/10/07(Sat) 00:06 | URL | なおこ | 【編集
なおこさん
コメントをいただきありがとうございます。
日本語を話す会(わたしたちはNHKパーティーと呼んでいますが。笑)は、これに大量のカレーライスが準備されます。これでお腹を膨らましてもらいます。生徒たちに人気で、開催を要求されますが、これだけの料理をする体力が段々なくなってきたのと今は人数も増えましたので会場の問題があります。できればもう一度したいと思っていますが、果たしてどうなるでしょう。

なおこさんのサイトをいつも読み逃げ、写真の見逃げをしていますが、今後ともよろしくお願いいたします。
2023/10/07(Sat) 05:25 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ