fc2ブログ
2023年10月4日 

先日、ポルトガルのニュースでトマール市にあるテンプル騎士団修道院(これは旧称だが、歴史のいきさつがあり現在はキリスト騎士団修道院が正式名)のマヌエル建築様式の大窓(Janela de Capìtulo)を洗い終わり一般公開するというのを聞いて、ぎょえ!と思うと同時にがっかりしてしまった。
下はわたしが知っていたかつてのマヌエル建築様式の大窓。ぼ~っと見てるだけでは気づかないたくさんのシンボルが含まれているのである。

Janela_do_Capítulo_2_1

この大窓に憑りつかれてわたしは何度もトマールに足を運んでいる。拙ブログ、左欄のカテゴリ「spacesis、謎を追う」でもテンプル騎士団記事は多くつづっており、某会員用の小冊子でもわたしは3度ほど取り上げて書いている。

ポルトガル語を学ぶことになかなか興味を示さなかったわたしが、修道院の歴史と建物全体に示されている謎を少しでも知りたいがため、独学でポルトガル語を勉強し始めたきっかけでもある。もっとも、もともとのきっかけはというと、「ダビンチ・コード」ではあったが。

ダビンチ・コードでテンプル騎士団を初めて知り大いに興味を惹かれ日本から色々本を取り寄せていたところが、ん?ポルトガルの独立歴史にも関係してくるんだと?と言うことを知り、シンボルコードやグノーシス主義まで探るにいたった。
その我が愛するドン・マヌエルの大窓がなんとまぁ、こんなことに~~。

Janela_2023_1_1.jpg

しっかり白くなって、何と言うか、石そのものが持つであろうそして重厚さ、歴史の重さが感じられなくなった・・・ファンのわたしからすると、これは冒涜のようなものであって・・・・なぁんでこんなことになってしまったん?なのであ~る。

そこで、今回から時々ではあるが、トマールのテンプル騎士団修道院の大窓を中心に再度このテーマを取り上げてみようと思う。本日はテンプル騎士団修道院の紹介にて。

 テンプル騎士団(聖堂騎士団)について
              
聖堂騎士団(テンプル騎士団)にまつわる話はその結成から終焉に至るまでミステリーに満ちている。

聖堂騎士団は西欧中世期に於ける宗教三大騎士団の一つであり、正式名を「キリストの清貧騎士団・ソロモン神殿の騎士団」(The Knights of theTemple ・the Poor Soldiers of the Temple) と称される宗教的軍事的団体です。(註:Templeとは古代エルサレムにソロモン王が建設し、後に破壊された神殿のこと)

2020_solomontemple1.jpg
ソロモン神殿画像の一例。神殿正面の二本の柱は右がヤキン、左はボアズと呼ばれ、フリーメーソンのシンボルでもあります。

12世紀の初めにフランス人ベルナール・クレヴォー(後の聖ベルナール。シトー会クレヴォー修道院の創立者。)により任命を受けたユーグ・ド・パイヤンをグランド・マスターとする9人(11人と言う説もある)からなるこの騎士団が後に聖堂騎士団として知られるようになります。

表向きは聖地エルサレムへの巡礼路警護としていましたが、彼らの行動はその目的から逸脱しており、専ら彼らがしたことは、ソロモン神殿の跡地に宿営して、9年近くもの時間を神殿の丘の地下発掘に費やしたことだと言われます。
 
生涯独身であることを強いられた聖堂騎士団は、やがてフランスのプロヴァンスを始め、シャンパーニュ、イングランド、トスカーナ(イタリア)、更にアラゴン、ガリシア(スペイン)、スコットランド、ノルマンディ、ポルトガルが騎士団勢力の主だった中心地となり、騎士団に寄進された彼らの不動産はバルト海から地中海、大西洋岸から聖地にまで及ぶ広大なものでした。

しかし、聖堂騎士団が大きな城を所有できたのは、アラブ人との戦い(アラブ人からの国土奪回戦争=レコンキスタ運動)の中にあったスペイン、ポルトガルに限られていました。トマールの「テンプル騎士団修道院」がそのひとつで、ポルトガルに於ける騎士団の総本部でした。

ポルトガルの歴史で「テンプル騎士団」の名前が言及されるのは、ポルトガルがまだ独立国として建国されておらず、「ポルトカレンス」と呼ばれていたスペイン・レオン王国の領地だった1120年代のことです。

当時ポルトカレンスは、領主亡き後で、後にポルトガル建国初代王となる「ドン・アフォンソ・エンリケス」(D.AfonsoHenriques)王子の母、ドナ・テレザが統治していました。

1120年代のとある日、ドナ・テレザは、徐々に騎士修道会として頭角を現してきたフランスのテンプル騎士団初代グランドマスター(総長)「ユーグ・ド・パイアン」から、「ポルトカレンスでのテンプル騎士団居留地の提供依頼」の書状を受け取ります。

イベリア半島は、レコンキスタ運動と称して(レコンキスタ=国土を再び征服する)イスラム教徒からの国土奪回戦争がこの時まで既に400年近くも展開されており、ドナ・テレザはこの要請に応じて、中部、現在のコインブラ近くのSoureに駐屯地を与えたことから、ポルトガル・テンプル騎士団の歴史が始まることになります。
 
テンプル騎士団の総長、グランドマスターは終身制、各国にはマスター(管区長)が置かれ、ポルトガル初代のマスターは、トマールの銅像に見られるように「Guardim Pais(グァルディン・パイス)」です。

GualdimPais.jpg

テンプル・キリスト騎士団修道院は12世紀の初期テンプル騎士団時代から16世紀まで4世紀を経て増築され、ロマネスク建築、ゴチック建築、マヌエル建築、ルネサンス建築の不思議な併合は訪れる人を飽きさせないでしょう。


ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ