fc2ブログ
2023年9月9日 

前回の続きです。

ストーンヘンジを後に、帰路の途中で同じコルク畑内にメンヒル(ポルトガル語でmenir)もあるというので、それも見ようということになった。標識があるところで車を停め、見てみると、こんなん・・・

crome23_1.jpg

えー!オリーブ畑の間を縫う小道が凹型にくぼんでいて歩きにくいこと、この上なさそうだ。一瞬行くのを諦めようかと3人で話していたところに、突然一匹のきれいな三毛猫がどこからか現れて、しきりに体を摺り寄せてくる。

crome20_1.jpg

あたかも「見て行きなさい」と言っているかのよう思われ、仕方ない、足を運ぶことにした。三毛猫はまるでわたしたちを案内でもするようにメンヒルのあるところまでついてきた。

crome21_1.jpg

目前に姿を現したメンヒルは高さ3.5メートルほどの旧石器時代のモノリスだ。先に見たストーンヘンジことクロムレックとの関連性は記されていない。

日も暮れかけ、さて帰ろうと車を走らせたところ、おろ?ゆっくりとストーンヘンジ方向に向かう車数台と狭い道でかろうじてすれ違った。へぇ、今から見に行くのか、と思っていたらまた数台、また数台と向かって行く。

ぬぬ?そして、あっと思った!この日、8月31日はスーパームーンが見られた。しかも今年の8月は満月が2回見られ(8月2日と31日)、この二回目の満月をブルームーンと呼ぶのであった。見ればオリーブ畑の上には大きなブルームーンが上っている。

crome29_1.jpg

恐らくこの日のスピリチュアルで静かなるイヴェントでも催されるのであろう。しまった!月が上るまでいればよかったと思ったものの、再びあのデコボコ道を引き替える体力も活力もなかった我らであった。

evora2_1.jpg
晩食後、散歩がてら行ったエボラ旧市街のTemple da Diana、ディアナ神殿。ローマ時代の建築遺跡。月の女神ディアナに捧げられたと言われる。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ