fc2ブログ
2023年5月12日 

5月10日は我がモイケル娘が生まれた日です。面白い子に育ったなぁと母の目で見て思います。生まれてこの方18年間をポルトで過ごし、ちょうどそれと同じ年月を日本で過ごしたことになります。

今でも彼女の補習校の中三卒業式の答辞ははっきり覚えています。「わたしは日本へ行くのではありません。日本へ帰るのです。」には、ぎょえ!でした。当時わたしは父母の一人であると同時に補習校講師でもありました。この答辞を聞いて、横にいた同僚は「あんた、聞いた?行くんじゃなくて帰るんだってよ!覚悟しときや」とわたしを突っつきながら言ったものです。その宣言通り、3年後にポルトの高校を卒業し大学資格試験の結果を持って彼女は日本へ向かったのでした。

そのモイケル娘も日本在住19年が経ち目下子育てと仕事、家事で日々頑張っているようです。わたしの子育て時代とはかなり環境が違います。時代も違うので当然と言えるでしょうが、ポルトガルでの子育ては何と言っても刺激がなかったことです。それは我が子たちにとってよい環境だったと今にして思います。何しろ目移りするものがないのですから。あはは。

日本に比べたらあれもないしこれもない。週末は店と言う店は閉まっており、言葉が分からなかったのでわたしは仕事もない。ひたすら家事と子育てに心を注いだものです。子たちの日本語教育は自分がするぞと決めていました。子どもたちのことをじっくり考える時間がありました。

東京近郊に住むモイケル娘たちですが、大人になってから都会に住み始めた私や娘と違い、我がモイケル娘を母に持ち都会に生まれ都会で育つ孫のソラ坊はどんな娘に成長するのか、深い興味を持っているわたしです。

5月の真っ青な空のもと、12時半ごろに生まれたモイケルよ、誕生日おめでとう。5月のように爽やかで健やかに育って欲しいと願いましたが、そのように成長したと思っています。母親譲りの粗忽さも少し備わり、なかなかにいい。それに頑張り屋で芯が強い。どうか、わたしたちがしてきたように娘のソラ坊と物事を思うまま話せるような親子になりますようにと願っているのです。

2sai_1.jpg


今日はすっかり親バカをしてしまいました。

本日も読んでいただきありがとうございます。
それではまた。


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ