fc2ブログ
2023年5月4日

ゴールデンウィークを利用して日本に住んでいる子どもたちが、昨日所沢の我が妹宅にオジャマしたそうだ。西武沿線の副都心近くに住む東京息子は午前中仕事があったので夕食に、モイケル娘は娘のソラを連れて千葉から泊りがけで。

妹の手作り料理に美味しい美味しいと舌鼓をうちながら、さぞかしにぎやかな昼食夕食になったことであろう。そんなところにメッセを送ったらヤボかなと思いつつ、ついモイケルに「今、○○かな?」と声掛けしてみると、「うんうん、兄貴もいるよ」と言う。ほどなくして写真が送られてきた。

May3-4_1.jpg

ソラを相手にからかって楽しんでいるのである(笑) お前、ネコのゴローにするのと同じようなことをしてるではないか^^;そんなことをしても姪にもネコにもなぜか好かるのが不思議だ。

そうそう、ネコのゴローは息子が日本へ帰った後も10日くらいは彼を待って息子の部屋から出なかったが、主はついに帰って来ないと悟ったのか、諦めて今では以前と同じくわたしたちの部屋で日がな一日過ごしているのである。

「ジュアンジー(息子をそう呼んでいる)、予約する」と、前日に言っていたソラだが、「予約」ってどこでその言葉を覚えたのか(笑) 新語をどんどんを吸収して使っているようだ。近頃の彼女のマイブームは「どうして?どうして?」だそうだ。

元がひと時もじっとしていない孫である。たくさんの大人に相手をしてもらい、さすが疲れたようで、モイケルからはこの後、いびきをかいてソファに寝ている動画が送られてきた。いびきも豪快だわぃ。あっはっは。

と、これは昨日のことである。
そろそろ千葉の自宅に着いたであろうかとメッセを送ると、「まだ所沢にいる~」ですと。聞けば、ソラ坊、発熱で近所の病院へ連れて行ったところが3時間も待たなければならなかったと言う。ポルトガルの国立病院並みやん!

発熱状態では電車で帰るわけにも行かず、結局今日もモイケルママと孫のソラは我が妹宅にお泊りだそうだ。保育園に行き始めて1年を過ぎる孫だが、やれ熱だ、風邪だ、下痢だと色々な洗礼を受けた1年であった。恐らくそれで月の半分は登園できなかったであろう。それはつまり、母親のモイケルも月の半分を欠勤せざるを得なかったということになる。トホホホ。子育てに理解がある会社で本当によかったと感謝する母である。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ではまた。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ