fc2ブログ
2021年10月15日 

どこへ行きたい?と問われると「シントラ」と答えるわたしに、「またぁ?」と夫に呆れられるほど好きで、これまでに何度も訪れてきたシントラですが、わたしが行き始めたころと違い、近年は拙ブログで紹介してきたスポットのどこもかしこも観光客がいっぱいです。

それで、かつてのようにゆったり歩いて、面白いシンボル探しもできなくなってしまったのは残念ですが、観光地は人が来てなんぼです、こうなると季節外れを狙って行くほかない。

この秋は、コロナ禍でまだ観光客も少ないはずです。できれば再訪したいと思っているのですが、果たして夫が同意してくれるかどうか(笑)

と言うので、7年ほど前に取り上げた「エドラ伯爵夫人こと、エリゼ・ヘンスラー(あるいはヘンスレー」シリーズを書き直してみました。

エリゼ・ヘンスラーは一般人から王妃になった人で、シントラ山中の「シャレー(スイスアルプス等で見かけられる山荘)」を主な住まいとしました。

Chalet de Condessa d´Edlaの入り口
chalet1.jpg

ペナ城を取り囲む広大な森の中に造られたシャレ―は、1999年に火災被害を受けて、長い間放置されていました。修復され一般公開されたのは2011年のことです。

エドラ伯爵夫人については興味深いストーリーがありますので、シャレーと森の案内とともにそれも取り上げていきたいと思います。

「エドラ伯爵夫人」と言う称号は夫人がドン・フェルナンド2世と結婚する際にもらったものです。ドン・フェルナンド2世は19世紀のブラガンサ王朝、ドナ・マリア2世女王の王配(女王の配偶者のこと)でした。オーストラリア人でハンガリーの名門貴族出身のドン・フェルナンド2世は、1755年のリスボン大地震以来荒れたままになっていたペナ城に惚れこみ、今日の姿に造り上げたので知られています。

34歳の若さで亡くなったドナ・マリア2世の跡を継いだのは、後継者のペドロ王子がまだ13歳であったため摂政となりましたが、15年間寡夫を通した後、運命の女性、エリゼ・ヘンスラーという女性に出会います。エリゼはスイス生まれで、アメリカ、パリで教育を受け、スカラ座でも歌ったことがあるオペラ歌手でした。

Condessa3[1]
エリゼ・ヘンスラーことエドラ伯爵夫人の肖像(wikiより)

1860年2月、エリゼはポルトのサン・ジュアン国立劇場で、そして4月にはリスボンのサン・カルロス国立劇場でヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」に出演して歌いました。見ていたフェルナンド2世はこの25歳の美しい歌手、エリゼにたちまち恋をします。エリゼは歌手というだけではなく彫刻、絵画、建築など芸術にも博識で非常に教養のある女性でした。

フェルナンド2世はエリゼと正式に結婚し妃に迎えたいと言うのですから、さぁ、大変。国王と庶民、しかも歌手という身分違いのこの結婚にはどれほどの障碍があったことでしょう。これはエリゼに結婚前日になってようやく「エドラ伯爵夫人」と言う称号が王の甥によって与えられたことから分かりますし、また、ポルトガル王家の歴史から忘れ去られてしまったということからも分かります。

しかし、ドン・フェルナンド2世、御歳53歳にて1869年6月10日にリスボンでエリゼ・ヘンスラーとの結婚にこぎつけます。進歩的な思想ゆえか恋ゆえか。フェルナンド2世が手がけた異国風の不思議な様式のペナ城を見ると、自由な想像力を持ち合わせた王だったということがうかがえます。

chalet3.jpg
シャレーのある森からはまるでお伽話にでも出てくるようなペナ城が見える。

さて、ペナ宮殿にいたのでは生きた心地もしなかったであろうエリゼは、やがてガーデニングという趣味を同じくするフェルナンド2世の協力を得て北アメリカやニュージーランドなど世界中から植物を集め土地の特質を生かしたペナ公園の造庭の乗り出します。この中には日本からの杉も植えられています。

jardim.jpg
シダあり、岩あり。シントラ山中には神秘性が感じられる。
jardim2.jpg

次回はシャレ―内部を案内します。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
シントラ、近いのにまだ一回しか行ったことありません。なぜか友達の車で何度も通っているんですが、いつもどっかからの帰りで夜中に真っ暗な中・・・
2021/10/18(Mon) 21:04 | URL | ganchan | 【編集
ganchan
わたしはシントラファンですv-410
シントラのキンタは今頃紅葉がきれいでしょうね。
秋はまだ行ったことがないので、是非一度と行きたいと
思っています。

リスボン、活気が戻ってきましたか?
この閉塞感、もううんざりです。
2021/10/19(Tue) 05:25 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ