FC2ブログ
某月某日 

日本に住む子供たちと3人で日光江戸村へ家族旅行し、一番喜んでたのは実は母親のわたしだったりして(笑)

江戸村1

日光江戸村内では、こんなお侍の姿も見られ、時間をうまく使いこなせば、村内の数箇所の劇場も見て回ることができる。

下は雨さえ降らなければ観劇できる野外劇場。今回は「ねずみ小僧」。ユーモアもあってなかなか面白かった。
江戸村2

一緒に見ていたモイケル格さん、「なに?ねずみ小僧って?」と問う。
「諸説はあるけど、金持ちの大名屋敷から小判を盗んで、貧乏人にそれを施したという、まぁ、いわゆる義賊と呼ばれた江戸時代の大泥棒、ねずみ小僧次郎吉さんよ」と、おっかさんの黄門さま。

そう言えば、しばらく前にポルトガルで読んだニュースに、警察に捕まったのが、富者から盗み貧しい人たちにその盗んだ金品を与えていた泥棒がいたというのがあったが、これなどはさしづめ「現代ポルトガル版ねずみ小僧」と言えましょう。

↓入った村内劇場のひとつ、お大尽(だいじん)の花魁(おいらん)遊び。
江戸村5

花魁もさることながら、その豪華絢爛な衣装の美しいことったらない!
江戸村4

思わず、「きれいだなぁ~」と声に出さずにおれませんでした。西洋宮殿女性の衣装も素敵でしょうが、花魁衣装には適わない
気がしますね^^

ちなみに、ここでのお大尽は観客の中から一人選び出され、「苦しゅうない」「よきに計らえ」のセリフを言わされる(笑)

こちらは、「水からくり」こと江戸伝統の水芸。
江戸村6

そして最後がこれ!ご存知北町奉行、遠山金四郎「お白州」の場面。
江戸村7

ありもしない嘘で言い逃れようとする悪党どもに、出た!胸のすくような金さんの啖呵(たんか)!

江戸村8
「おうおうおう!!!あの日あの時あの場所で、うぬらの悪の一部始終、この遠山桜がしっかと お見通しなんでえぃ。おぅ、これでもシラァ切ろうとでもぬかしやがるのか!? どぉなんでぇい。さっきまでの威勢のいい剣幕、どこいっちまったんだょおぅ!」

カッコいい~~(笑)

こういう訳で、入場料4500円は少し痛かったけど、よしとしましょ!

日光江戸村ホームページはこちら→http://edowonderland.net/

またこの時は、入場券を江戸村ホームページで「手形割引」をプリントアウトして持参すると10%割引とのことで、我ら親子3人で1350円の節約になりました^^

今ではモイケル娘も一児の母となり、この時のような親子3人旅はもうできなくなりました。次の家族旅行はもっともっとにぎやかになりそうです。それが日本になるか、はたまたポルトガルになるか・・・

それでは、江戸村話これにておしまい。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ