FC2ブログ
2021年6月14日

一昨日、一昨昨日の、夕方の天気が凄かった。夕方と言ってもポルトガルの夏時間は8時でも明るいので、夕方だと思っている。

kaminari1_1.jpg
一昨昨日の空 

空が異様な赤色に染まったと思ったら、稲妻が光り雷雨が降ってきた。
kaminari2.jpg
 |
一昨日の空

1人で別部屋で寝ていた猫のゴロー君が、こわかったのだろう、稲妻のピカ!と、雷の音とで、わたしたちがいるリビングにやってきた。
日本の梅雨期はこういうのが結構あると思うのだが、ポルトガルでは珍しい。後のニュースで知ったことだが、ポルトより北方では、一瞬の大雨と雹とで農作物が被害を被ったそうだ。こんな夏の時期に雹だなど、異常だ。

さて、ポルトガルのコロナ状態はどうなっているのか。
このところ、死者数は0の日も多く、1,2を繰り返しているが、感染者数はと言うと、昨年の今頃に比べると、むしろ増えている。

6月に入ってから、500,700,800となり、900を超えた日もある。 このまま他国からのツーリスト入国を制御せずに行ったら、秋口にはまた緊急事態宣言を発令することになるのではないかと、心配している。だって、それだと、帰国できないではないか。え~~~ん。

来月初めには、初孫の青空ちゃんも満一歳になる。近頃モイケル娘から送られてくる写真やビデオを見ると、もはや赤ちゃんの顔にあらず。幼児だ。とうとう赤ちゃん時代に抱っこできなかった。

できないことを今考えてもしようがないので、なるべく日々、帰国のことは頭からふり払うようにしているのだが、時には落ち込むこともあるぜ。 どうすんだ、このマスクの世の中。

比較的よい条件付きで帰国できたとしても、ポルトから日本に着くまで、待ち時間も入れるとほぼ24時間だ。この間、マスクをずっとするのに耐えられるかな?いやいや、今は考えるのを止めとこう。

かつては、ダウンタウンに出るのに、近くのメトロ駅に車を駐車してメトロで出かけていたものだが、それが今では怖くなった。それで、夫の仕事がない日に車で送ってもらうことが続いている。

先だって、基礎化粧品を買い足す必要ばあり、久しぶりにダウンタウンへ行って来た。観光客がいるにはいるが、それでもかつてのようなごった返しではない。それで、これなら長い間、ツーリストが列を作って入店を待っていて入れなかったお気に入りのマジェスティック・カフェで、ちょっとお茶でもできるかと思って行ってみたら、あらま、コロナで閉店したままになっていた・・・

June2_1.jpg

人がわんさか訪れるマジェsティック・カフェよりも、この方が昔ながらのカフェでわたしはすきなのだが。もちrん営業していれば、の話だ。

october5_1_2021.jpg

コロナ禍が世界中に与えた経済打撃は本当に大きい。コロナウイルスは次から次へと変異化し、この数年は私たちの生活を脅かすかもしれない。果たしてわたしたちは以前のような生活ができるのだろうかと思う一方で、わたしたちは負けないはずだ、希望を持とうとの気持ちが湧く。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
コメント
青空ちゃん もうすぐ一歳なんですね。
 去年の今頃はご出産が心配な時期でしたね。あれから早や一年。幼児になられましたか。驚異の成長ぶりですね。
 具合が悪かったという記事はなかったですから本当に順調に大きくなっていらっしゃいますね。
 会えますよ。もうすぐ。マスクは確かに快適なものではないけれど青空ちゃんに会うためには我慢ですね。
 ポルトガル行は今年は無理だと諦めています。来年! それまで元気でいられますように。
2021/06/16(Wed) 07:19 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
今のところ、日々元気に成長しているようです。ただいま、つかまり立ちが始まりました。
おっしゃる通り去年の今頃は、単一臍帯動脈だということが分かり、モイケル娘は大きな病院に10日ほど入院していました。

本人は健気にきっと大丈夫だよ、心配しないで、と言っていましたが、彼女が一番つらかった時かな?

子どもたちも孫もわたしも、お互い元気でさえいればそのうちきっと会える日が来ますよね。

わたしも今年の帰国は恐らく難しいと考えていますが、ムイントボンさんたちもわたしも、健康に気をつけて頑張りましょう。
2021/06/17(Thu) 19:47 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ