fc2ブログ
2021年3月19日

lello6-1_2021.jpg

かつて、ガーディアン紙で「世界で最も素敵な書店」の一つとして取り上げられて以来、すっかり有名になり、今では地元のファンがなかなか入れないくらいツーリストがひっきりなしに訪れるようになったポルトのレロ書店。

コロナ禍で、このところ、すっかりダウンタウンから遠ざかっていましたが、その間に、今年115周年を迎えたレロ書店が、なんと、天国への階段と呼ばれる真っ赤だった階段が、ぎょえ~、こうなっちゃったんですと!

lello_2_1.jpg
赤い階段を見慣れてきた人には違和感いっぱいの配色です。Wikipediaより

濃い灰色と黄色は、パントンの2021年のカラーなのだそうです。灰色は病気や困難、苦境などからの、立ち直る力、レジリエンス(resilience)を象徴し、黄色は輝き、希望を表すとのこと。

lello_2021_1_1.jpg
Wikipediaより

ふむ。確かにこのコロナ禍のトンネルから一日も早く抜け出して、かつての普通の生活を取り戻したいと誰しもが願っていることでしょう。

それにしてもこの違和感がぬぐい切れない。そう思い、ニュースをさらに読み進めていくと、よかった!また元の赤い階段に戻るそうですよ。

下がわたしがここに通っていたころのレロ書店の階段です。
lello-2021-1.jpg

レロ書店については、下記で取り上げていますのでよろしかったらどぞ。

spacesis in ポルトガル ハリポタのモデルにもなったレロ書店↓
https://spacesis.blog.fc2.com/blog-entry-1572.html
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ