fc2ブログ
2008年3月28日
carolina michaelis

近年こそ、観たいと思う作品があまりないので映画館からは足が
遠ざかったが、わたしは洋画ファンです。本と同じでジャンルは
選ばない。亡くなった母が映画好きだったのを、そのまま引き継い
でいるような気がします。

アメリカ映画のハッピーエンドもの、勇気や夢を与えてくれるもの、
あまりにも現実に近くて観ているのが少し怖い社会派もの等等、
これまで観てきた映画は数え切れません。
自分が生まれる以前の名画作品も多く観てきましたが、それらの
どれもほとんどが心に残っており、手元にある世界映画名作史は、
今でも機会あれば取り出して繰り返し読みます。本同様、映画
からも人生のなんたるかを学ぶことができると思っているからです。

これらの映画の中で、学園もののジャンルがあるのですが、例え
ば比較的新しいものでは、ロビン・ウィリアムズの「Dead Poets
Societ
y
」(1989年。邦名は「いまを生きる」だそうな)、リチャード
・ドレイフェス主演「Mr.Holland´s Opus」(1995年。邦名「陽の
あたる教室」)。古いものでは「Up the Down Staircase」(1967年
「下り階段をのぼれ」「Blackboard Jungle」(1955年(暴力教室)
Immer wenn der Tag beginnt」(1957年。「朝な夕なに」)。

最後の作品は実は、わたしが長年観たいと思っていて未だ観た
ことがない、わたしが10歳のころのドイツ映画なのですが、映画
そのものは観ていなくても、挿入歌「真夜中のブルース」が記憶
に残っており、学園ものというとついこのトランペット演奏の、切ない
ながらも希望が感じられるメロディーが頭に浮かんでくるのです。

なぜこんな映画の話かといいますと、ポルトガルで今新聞テレビ
を賑わして物議を醸し出している教育現場の事件があるからです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月26日

ポルトガル南部、Aelntejo(アレンテージュ)地方のVila de Moura
(ヴィラ・ド・モウラ)に2005年から建設中のPhotovoltaic Power
Station(ポルトガル語ではCentral Solar)こと太陽光発電所
が3月末に一部稼動開始されるとのニュースがあります。

太陽光発電所1 太陽子発電2
写真は太陽に従うパネルですが、2010年の全面本格稼動を
目指して2520枚のパネルを建設し、完成すると年間93GWの
太陽光エネルギーが生産され、約3万世帯の年間電力使用量を
まかなえるそうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月24日
アベイロ・モリセイロ
★昨日訪れてきたAveiroの運河を渡る小船Moliceiro(モリ
セイロと呼ばれる船)です


「多忙」と書いて多いに(←本来はこの使い方は間違いですがw)
心を亡くす。「忙」のりっしん偏は「心」です。

この春休みの我が状態がそれ(笑) 娘と我が甥、その友人が
ステイした一昨年の夏以来ですが、おさんどん、街の案内で多忙
なのと仕事で多忙なのとでは違いますね。
仕事の方は終わった後の達成感がありますが、おさんどんの方は
終わりがな~い(爆)しかし、久しぶりの家族4人の食事の用意は、
それなりに嬉しいものです。

そんなわけで、近頃の我がブログ、日記は「どこどこへ行って来た」
が多いのですが、色々思うことはある。しかし、それを自分なりに
消化する時間がない。。
本日、娘とお客の二人は息子のいるリスボンを目指して出かけた
ので、ちょっと息抜きです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月22日

ポルトのサ・カルネイロ空港に夜11時半に到着した日本からの
お客(実はモイケル娘のボーイフレンド^^)、夫が帰路を間違え、
そのままあちこちウロウロ深夜ドライブと相成った後(3月18日
記事)、発熱で2日ほど我が家で寝込んだのでありました^^;

ポルトまで所要27時間、出発に備えて前日から気合入れて
置かないと体調を崩す長旅です。途中フランクフルトで乗り継ぎ、
その待ち時間の長いこと、7、8時間!待ってる間に再び日本へ
ひとっ飛びできそうな待ち時間です。

日本からの直行便がないのですからポルトにたどり着くには
途中ヨーロッパの主要都市で乗り換えるしかないのですが、
数年前に改築し、すっかりモダンになったサ・カルネイロ空港に
いつの日にかポルト日本間の直行便が入ってくれないかなぁ~
と夢見ています。
が、実際の話、改築後ヨーロッパの他都市への便が増えるどこ
ろか、減ったのでした^^;どうなってるんだ、こりゃ?

つくづく思います、ポルト日本間は遠いわぁ・・・と。。。
それで、この長~い旅を考えると日本へ帰りたい気持ちもなえて
しまいそうな近年のわたしであります。

さて、そのお客さまを昨日は引っ張り出して日帰りの小旅行を
してきました。行った先はポルトから南へ220キロほどの所に
あるObidos(オビドス)。
オビドス1

  
オビドスの小高い丘に城壁で囲まれた中世の町は、ざ~っと見て
歩くと、ものの半時間ほどで見終われます。オビドスの詳しい
案内は後日にしますが、今日は4人で入ったバーのお話。
オビドス・バー1 オビドスバー内
え?真昼間からバー?驚くなかれ(笑) 
わたしたちの後にたくさんの人が入って来ました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月19日

土曜日の職場で、休み時間のおやつにと子供がもって来て「どら
焼きだよ!」と見せてくれたスナック菓子、「おお!どら焼き!」と
思いきや、これでした↓
dokyou1

近頃、スーパーマーケットでしきりに見かける原産国はスペインの、
その名も「dokyou」!中はアンではなくてカカオクリームです。
dokyou2

う~んと思いながら試食してみましたが、これが結構イケル(笑)
日本から送られてくるビデオですっかりドラえもんファンになり、
「どら焼き」に憧れていた幼かったころの子供たち。
しかし、口にしたことのない中身のアンコに二人ともショックを
受け(笑)以来食べるのは外のスポンジ部分だけ。
しかし、これなら未だにあんが苦手な息子娘も大丈夫^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
テーマ:お菓子
ジャンル:グルメ
2008年3月18日

一週間ポルトに滞在した息子がリスボンへ引き上げた昨日、入れ
替わりで日本から娘の友達が遠路はるばるやってきました。

夕べ11時過ぎにポルトのサ・カルネイロ空港に到着、我ら夫婦と
モイケル娘3人で出迎えに行ったのはいいのですが、車での帰り
道、「15分ほどでうちに着きますよ。」なぁんて言っていたのが、
行けども行けども知ったる道に出くわさない。我がだんな、
「道を間違ったかな?」^^;間違ってますよ、あぁた(笑)

空港からの道はライトがあまりなく夜だと標識が見えなくてわたし
も一度夫を早朝に空港まで車で送り届けた暗い帰り道、目の
悪いことも手伝って迷ってしまい、おろおろ走っているうちにガス
欠の憂き目を見そうになり、冷や汗をかいたことがあります。
以来懲りて、夫が早朝飛行機で旅立つときには送らないことに
したのでした。

結局「15分で着きますよ」が40分ほども暗い中を走り回り、我が
家に着いたのは深夜も1時過ぎ^^;お客様と深夜のドライブにして
は冴えない景色でございましたわ(笑)
イースターエッグ08

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月15日
灯台からのFoz
★灯台のある側から眺めたFozの家並み。

今日は土曜日の職場の卒業式でした。
我がモイケル娘も小学中学部9年間の毎週土曜日をここで学び
この学び舎を卒業して行ったのですが、春休みを利用してポルト
に帰ってきている彼女、3年半ぶりの母校に足を運び、ついでに
今日の卒業式にも外来客として出席して来ました。

ポルトガルの学校ではめったに見かけることのないこの「卒業式」
というセレモニーは、わたしたち日本人の物事に対するけじめ、
新しい出発に向けての希望が含まれているとわたしは思います。
小規模のわたしたちの補習校、本日は小中学合わせて3人の
卒業生ですが、「仰げば尊し」「蛍の光」が歌われる中、わたしも
自分の学生時代を思い浮かべていました。

この歌を歌ったあれから後、自分の上を幾星霜が過ぎたのすが、
「わが師」とは学生時代の先生のみならず、我が親であり、我が
友であります。人生で出会ってきた多くの人が、わたしにとって
「わが師」と言えるような気がします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月13日

pcの調子がどうも芳しくありません。
故にしなければならぬことも思うようにはかどらず。
イライラしていても仕方ないないので午後には日本語授業があっ
たものの、気分転換に思い切って娘を誘って外へ出てみることに
しました。

ここしばらく多忙と天気が悪かったのとでダウンタウンにも足を運
んでいませんでしたが、今日は良い天気。
バイトで小学生に英語を教えているモイケル娘が、日本ではあま
りない子供向け英語教材を探しにBritish Bookstoreへ出かけ
たいとのこと、丁度いい機会です、その書店の向かいにある素晴
らしいAzulejoの古い建物の写真をもう一度デジカメに収めて
来ました。

偶然見つけた建物なのですが、書店の人に聞いてもいったい何の
建物か分からず。
その後の調査で、これはかつてのカルヴァリーニュ・セラミック社の
本店だと判明。
去年撮ったその写真がこれまで保存していた他の写真とともに
ある日ごっそり消滅しておったのでした(涙)
アズレージュ1

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月11日

かつての夫の同僚であり、現在外部仕事上のパートナーでもある
ドクターTは数年前に定年退職したものの、私立病院では未だに
現役です。夫の長年の職場仲間の一人で、お付き合いする時は
家族ぐるみです。

息子がまだ小学生の頃、T氏家族4人と我ら家族3人(モイケル
娘はまだ赤ん坊であった)とでロンドン旅行をしたこともあり、つい
この間では、昨年秋のパリ旅行で一緒しました。
一緒にロンドン旅行した当時小さかった二人の子どもも夫々家庭
を持ち、T氏たちの子育ては一応一段落、それでというわけでは
ないのでしょうがしばらく前から夫婦揃ってスポーツにはまって
いるようです。

週末にFozの海岸通りを散歩するとグループでジョギングしてい
るT氏に出会うこともあります。
リスボンで毎年開催され、大統領や首相が参加して行事を盛り
上げるリスボンマラソンにも参加しているのですが、このT氏夫妻、
今回はポルトでのマラソンでも走りました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月10日
日本の食べ物 かいわれ大根
↑モイケル娘が持ってきた日本の調味料と、大阪出身の我が友手作りのかいわれ大根で
幸せな気分の今日この頃です^^


今日夕方から我が家は人間4人猫6匹の全員集合です(爆)

猫の数が一匹増えてるのは、息子の真っ白な障害猫ちゃ
ん「ブランカ(=白の意味)」も一緒に集合ですって^^;
今頃電車に揺られているのであります。

本当の全員集合には、モイケル娘が日本で飼っている3匹
(うち一匹はボーイフレンドの拾い猫だというのに、なぜか
モイケル娘のところにいるのである^^;)も入るのですが、
もう完全に人間の数を上回ってますよ、これ・・・^^;

我が家に集まる人間の数が増えると、猫も俄然増える。
なんというか、我が家と猫の縁は切っても切れない宿命の
ようなものを感じてしまいますってば(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月8日

春休みを利用して1年半ぶりに我がモイケル娘が帰国して
います。
時差ぼけがまだ取れない三日目の昨日、わたしは朝から
翌日の授業準備をしていたのですが、以前入手したDVD
「大草原の小さな家」シリーズを娘が見始めました。

子どもたちが小さかった昔、英語の勉強になるからだけでは
なく、優れた教育番組のひとつとして、このシリーズをずっと
録画したのですが、やがてビデオシステムがなくなるであろ
うことを考えDVDを買ったものです。
大草原の小さな家

↑3枚のDVDに24エピソードが収録。

小さい頃すでに何度も観たはずのこのシリーズ、20歳を
過ぎて娘は再び見ています。わたしも釣られて、仕事の合
間合間についつい目をやってしまい毎度いつものシーンで
ジワ~ッと来たり一緒に笑いあったり。

自分の損得を考えずに、公平に物事を受け止め実行すると
いうことは美徳のひとつだと思います。
ドラマのインガルズ一家にはそういう姿勢が見られ非常に
魅力的なエピソードがたくさん散りばめられており、チャール
ズとキャロラインのインガルズ夫妻の忍耐強い、ウイットに
富んだ子育てにはわたしも学ぶところが山ほどあり、こんな
親に、いえ、こんな人間になれたらなりたいものだと今も
変わらず夢見ています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月7日

今日はポルトガルのお話を^^

夏は高温となり、できれば行くのは避けたいと思うポルトガ
ル南部地方ですが、その南部はアルガルブについて。

アルガルブはその昔、フェニキア人やカルタゴの商人たち
によってにぎわったところです。
しかし、アルガルブについて特筆すべきは何と言ってもその
辺りは5世紀もに渡ってアラブ人に支配されていたことで
しょう。ですから、同じポルトガル国内でも、ポルトがある
北部と南部のアルガルブとは雰囲気が大いに違います。
アルガルブ地方の煙突
★真っ青な空と白壁とアルガルブ独特の特徴ある煙突。

わたしたちも子供達が家にいた頃2回ほど、夏休みの10日
ほどをアパートホテルで過ごしたことがありますが、車で
リスボンを過ぎて段々とアルガルブ地方に入っていくと、
それまで目にしてきた景色が変わってくるのでした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月6日
ごんたfeb08
★ポカポカ暖かい陽だまりのなかのゴンタ君。

新しい冷蔵庫も届き、我がモイケル娘も日本から無事届き、
いえ、到着でした(笑)
フランクフルトからの乗り継ぎフライトを待つことの6時間。
福岡ー関空ーフランクフルトーポルトの旅程は27時間。
若い娘でもきつそうです。

今日は午前中の外での日本語レッスンを終えた後、目下
時差ぼけと奮闘中の彼女を誘い出し、ショッピングセンタ
ーをグルリまわって買い物でした。
日中できるだけ外出することが体内時計を当地時間に整え
られ、時差ぼけは早めにクリアになるようです。

さて、わたしの方、これまでの仕事の生活に掃除、アイロン
あて、ベランダの掃除等が加わったことはすでに書きました
が、ひどい近眼のわたし、めがねをかけて掃除をしてみると
あちこち汚れが目立ち、ベルミーラおばさんがいないのに、
今更ながら不便を感じています。
日中はじっくり掃除している暇もないので、夕食後、こまめ
にするようにしているのですが、その夕食が9時、時には
10時と遅い。なんとか時間をうまい具合に配分しないと、
こりゃ大変かもよ^^;

と言いもって、しばらく前にデジカメ撮影してきたポルトの
老舗、アップしました(笑)どぞ。

「ブリャォンの真珠をみてみる。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月3日
ameixeira-de-jardim1 ameixeira-de-jardim2
★近年この時期にポルトのあちこちで見かける花。少し桜に似ている。
  「ameixeira de jardim」(ameixeira=梅の木、jardim=庭)
 実はならない。


冷蔵庫を買い換えることになり、しばらく前から夫と色々見て回ってきた。

現在使用している冷蔵庫そのものはまだ現役でいけるのだが、扉につ
いているプラスティックポケットの部分がひとつまたひとつと壊れ始め、
テープなどで支え応急処置をして重いものを入れないように注意して
来たのだった。
それが、先日夫が冷蔵庫を開けたとたんにボトッと音がして、入っていた
ものが落っこちて、ついに三つ目のポケットも壊れてしまった。

プラスティックは木などの原料と違い、いったん壊れたが最後、ほぼ
終わりである。増してや冷蔵庫のような湿気の含むものは接着剤やテー
プもダメで、ブツブツ言いながら何度も接着テープを張り替えてきた。
ボディーそのものは使えるのでもったいないと思い、ツギハギだらけの
ポケットで頑張ってきたのだが、三つ目も壊れたとなるとどうも不便で
ならない。それで買い換えることにしたのだ。

我が家の台所の冷蔵庫を置く場所のサイズは市販の普通の冷蔵庫より
横幅も高さも少しだけ小さい。買ってきた食糧を冷蔵庫に全部入れ込む
のに知恵が入り(笑)なかなか大変で、いい加減うんざりしていたので
あった。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2008年3月2日

今日は我が息子の話です^^

ポルト大学経済学部に入学して、ものの数ヶ月もたたないうちにコースも
大学も自分に合わないと辞めてしまい、翌年の9月にはリスボン大学の
ITコースに息子が入学したのは、もう7、8年も前のことである。
ポルトガルではよくあるのだが、入試からやり直しだった。

東京のW大学を兄と同じような理由で、日本ではあまりないのではない
かと思うが、モイケル娘もまた九州の公立大学へと3年生からコースも
変更して編入。経済、心理両面で親は落ち着かないものだった^^;

また、これも我が子達二人が共に言い出した進路に、「音楽を勉強した
い」があった。たいがいのことには反対しないわたしだが、これにはちょ
っと反対したのである。
音楽で食っていける人間はほんのひとにぎり、持って生まれた才能が
突然開くこともままあるだろうが、多くの場合、幼少時から音に、楽器に
触れたりして、それでも一生うだつの上がらぬままで終わる。
そうなった時に残せる財産もないわたしたちに経済支援は難しいのだ。

何度か息子は「若い今の時期にしないと音楽は無理だよ」と言ったもの
だが、それも分からなくはない。が、心底音楽を生涯したいのならば、
自力と運とでいつの日にかその道を切り拓いて行くだろうとわたしは
思って来た。

その息子が昨年、仲間とともに銀行ローンで買った(これは資金を利息
なしで貸すと申し出たのだが自分達で調達するからと断られた)機器の
レコーディングツール(これ↓)を設置、 
ジュアン音楽1  ジュアン音楽2
  
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ