fc2ブログ
2002年11月29日

今日は気になるお店を探してダウンタウンまで出かけて来ました。

わたしは身の回りのものに関しては、余りファッション性にこだわり
ません。身につけるものは、ファッション性よりも着心地の良さ、動き
やすさ、そして、見た目がスッキリしてちょっとわたしらしさが出せる
ものを好みます。
それで、結局長い間同じようなスタイルをすることになる(笑)

いや、もうヘアスタイルからしてそうです。20代後半からほとんど
変わらないおかっぱスタイルです。
「髪型、若いときとちっとも変わってないじゃん!」とよく言われる。
も、もちろん、地は言うまでもなく変容してますがな(笑)

それなのに時折、やたらひとつことにこだわったりします。
例えば、フランスの林檎酒カルヴァドス。
レマルクの名作「凱旋門」にあてられ、試してみたいと思ったらもう
だめなのですね。昔は日本国内で入手できず、渡仏する上司に拝み
倒して上司がでかけるたびに持ってきていただきました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月28日

夫に釘をさされていることがひとつある。
「これ以上猫は拾ってくるな」(笑)

猫だけではない、犬も勿論だ。
夫の言は誠にうなづける。我が家は庭のないフラットなのだし、たいし
て広い家でもないのだから。

理由となるべきことが近年もうひとつ加わった。

猫の現在の平均寿命はほぼ10歳だそうだ。
去年夫の留守中のドサクサに紛れて、捨て置けず家にいれてしまっ
た小猫ゴローが我が家の五匹いる中で一番若いのだが、これが
ひょっとするとこれから先10年以上生き延びるとなると、こちらも
おちおち死んではいられない。
かつて自分が若かった頃と違い、自分達がいなくなった後に猫たちは?
と考えると、夫に釘をさされずとも、迂闊には拾って来られない。

さて、下の写真は、同じ町内に住む土地成金、ジョアキンおじさんの
畑の一部。春には菜の花畑、夏には芋畑、秋には月夜にざわめく
とうもろこし畑と、この畑を裏にしていた旧我が家はオンボロではあっ
たが、季節感が満喫できるのだった。
おまけに左に見える建物、これはサッカー場なのであり、見たければ
我が家の台所のベランダから試合が見られるのであった。(もっとも
大した試合ではないが。笑)
ジョアキン畑
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月27日

10年間使用してきたIDカード(身分証明書)が来年1月で切れ、更新
しなければならない。
それで、今朝は写真を撮りに行ったり、郵便局まで行く時間がなくて、
ほったらかしになっていた一ヶ月前の友人への手紙(トホホ^^;)も
投函しに行ったり。

いや、それにしてもですよ、IDカード用の写真を撮りに行った写真店。
撮るときに、「笑え~笑え~」って、色々アホな話をしてくれるもので
釣られて笑ってるうちにパチリ。できあがったのを見たら、大笑いして
る写真ではないの・・・・・^^;
カメラマンいわく、「うん。ほんとによく笑ってていい出来だ」
「そ、そう?日本ではこういう写真は歯を見せちゃいけないって
言うのよ。」
と少々不満げに言うと、
「ブラジルもそうらしいね。でも、ポルトガルはそんなの関係ないんだ。
はい!できあがり。」

受け取ってきたけど、これ、大丈夫かなぁ・・・。
夫に話したら、
「こっちの写真やさん、よくそう言うんだけど、なんと言ってもパスポート
同等のものだからね。あんまり笑っているのもナンダよ。」と言われた。
「ナンダよ」と今頃言われても、もうお金払って持ってきてしまった
のだもの(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月25日

今年10月のパリ旅行の(2)です。
パリ・プロコプ1


パリ滞在中、予定に入っていなかった招待が舞い込みました。
それが18世紀にフランス人におシャレなカフェとしても認められ、パリで
そしてヨーロッパで最古と言われるカフェ・ル・プロコプでした。
「プロコプ」は、シチリアから一旗あげようとパリへ出てきた貧しい青年、
フランチェスコ・プロコプの名に由来します。
カルチェラタンとサン・ジェルマン・デ・プレの間に位置します。

由緒あるこのカフェ(レストラン)はベンジャミン・フランクリンが
アメリカ独立宣言の草案に朱をいれたのもこの店とか。
ボルテール、ラ・フォンテーヌ、バルザック、ナポレオン、ユゴー、
ヴェルレーヌ、ジャン・ジャック・ルソー、マラー、ロベスピエール
などのフランスの歴史上名を馳せた人々が集ったル・プロコプは
世界でも初めての文学カフェであり、政治家やジャーナリストが
激論を戦わした場所でもある。
パリ・プロコプ2
地階、一階二階とある。階段を上って一階へ。
わたしたちのグループが座ったのは「ロベスピエール続き間」で、
↓下はその一間。

パリ・プロコプ3


ル・プロコプの写真をもっと見たいという方は是非こちらまで↓。
 ポルトガル・ロマン:out of portoパリの休日・ル・プロコプ」 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年11月23日
パリ夕焼け

★ホテルの部屋から見たパリの夕焼け。見よ!ピラミッドである(爆)
  いや、ホントに。合成ではありませんです。


今日は数日前のネ友、ぎたれれ君のコメントで思い出した息子ネタで
す。長い日記です。笑

小学生時代は、毎晩奇抜な夢ばかり見ていたが、わたしはああなり
たいこうなりたいなどの夢は持たなかった気がする。
この辺の記憶はあいまいなのだ。

ただ一度、読んだ本、「怪盗ルパン」に憧れて、「ルパンのように、わた
しも世界をまたに架ける大怪盗になりたい。」という風なことを作文に
書いて朗読し、担任に母が呼ばれたことがある
が、それは夢と言える類のものではない。

中学時代から歌うことが好きではあったが、歌手になりたいという切
実な思いは持たなかった。
歌手になれるほどの歌の上手さも容貌もないと、子供ながらに身の程
を知っていたのか。笑
しかし、今ならわたしはこう言える。
身の程を知っていると言う人間に、夢の実現は来ないのだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月22日

3日ほど続いた久しぶりの雨、晴れ間を縫って二日間再び路面電車博
物館の取材でありました。
3ヶ月先の記事ですが、以前撮った写真が使えなくて、とっとこ出かけ
て参りました。
縫ったのは晴れ間だけではなくて、日本語教室の時間の合間も縫い
ましたです。(笑)

あれもこれもと小さい仕事を入れて、貧乏暇なし。
我がモイケル娘に「おっかさん、よくやるなぁ。」と言われましたが、
お、おい!誰がためにやっとるのだぁ~ん?^^;

しかし、好きならばこそ、多少の労力は惜しまないもので、誰がため
になどど言いもって、実のところ嬉々として出かけているのであり
ますれば^^それで、少々アゴを出しているのでして、トホホホ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月19日

17日土曜日は誕生日であったのですが、夜はAliados(アリーアドス)
市庁舎通りで、この日の完成を目指してしばらく前から建設中だった、
2007年度のヨーロッパ一大きなクリスマスツリーに灯りが灯される
セレモニーが<ありました。

わたしたちが出かけたのは夕食の後片付けも終わった夜も10時を
回った頃ですが、ダウンタウンは大変な交通停滞!
土曜日の夜ということも手伝って、人ごみを避けて、セレモニーが終わ
った頃にツリーを拝もうと押し寄せた多くの市民の車、遅々として動く
ものではありませんでした。

デジカメ撮影隊のわたしにはこの、のろのろした車の動きが丁度
良かったわけです^^
写真はクリスマスツリーがある市庁舎通りのライトアップされている
古い華麗なビル。
アリアードス夜景

さて、ポルトガル語では「Arvore de Natal」(Arvore=木、Natal=クリスマス)
と言う下のツリー、高さ76m(去年のリスボンより3m高い)重さ
280トン、240万のミクロランプが使用されているそうです。      
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月18日
花束

いくつになっても嬉しい花束のプレゼントをもらいました。
贈り主は亭主であります^^

金曜日にリスボンからやってきた息子からは、本、「Origins:宇宙
起源を巡る140億年の旅」英語版をもらいました。
こういう話が好きなわたしへのカッコウの贈り物です。
宛名には「To:Spacemama」と書いてありました^^;

亭主からの先取りプレゼント、10月の5日間のパリ旅行は、写真の
整理をする度に美しいパリの街の光景を再び思い浮かべることができ、
もう言うことはありません^^あとは、モイケル娘が送るという、お酒の
つまみ「さきいか」を待つのみ(爆)

日本からの友人たち、モイケル娘、妹からもEカードが届き、その度に
カードやメールに刻まれてくる6と0の数字!
(ぎょえ!しつこいぞぉ~~爆)と思いながらも、しまりのない顔に
なっております^^みんな、ありがとう。
今日まで無事生きてくることができた特別な幸運に感謝します。

ビートルズの歌にこんなのがあります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月16日

かんちがいさん には、ほんまに忙しく仕事してるん?と時々思わされ
ることがある(笑)
と言うのは、彼女、どこから見つけ出してくるのか、いつも面白い遊び
サイトを紹介してくれるもので、ふ~んと興味なさそに最初は思う
わたしなのだが、悔しいことにwついつい釣られて、同じように試して
しまうのだ。

今回のかんちがいさんが見つけ出して来たのは、
ラブレタージェネレーター」とお知り合いの美緒さんの日記経由で
綾鷹家紋ジェネレーター」。
かんちがいさんの紹介文をそのままここに。
  
  「自分の名前と相手の名前を入力すると、自動的にラブレターの
   文面を作ってくれるジェネレーター」

だそうだ。高校時代には見知らぬ相手からワンサカ舞い込んだラブレ
ターに(えへへ)、頑固な我が親父殿が、
「こんな手紙をもらって、いったいお前は学校で何しとるんだ!」と、
お門違いにもこっぴどく怒られたことがある^^;
こんな手紙というからには、親父殿、無断で開封しとったのであるから
今なられっきとした「プライベート侵害」だぜ、おとっつぁん!(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月15日
セーヌ川1
★遠くにエッフェル塔が見えるセーヌ川

11月に入ると、わたしの周囲の多くは、クリスマスプレゼントを早くも
探し求めて買い集める準備に入る。

ポルトガルでは、クリスマスプレゼントは恋人同士、家族同士だけでは
なく大人の兄弟、兄弟の子どもたち、いとこはとこ、祖父母、叔父叔母
また近所づきあいをしている中に子どもがいればそちらへもと、大変な
数のプレゼントを用意することになる。
更にこの時期は日ごろお世話になっている人たちにも、何らかの形で
感謝の気持ちを表す。
これなどは、言うなれば日本のお歳暮に比するだろう。
だから、ポルトガル人のボーナスの大半、いや、人によっては殆どが
このクリスマスのプレゼントに消えてしまうと言っても過言ではない。

あの人にはこれを、この人にはあれをと、喜ばれるような贈り物を選ぶ
のは、受け取る人の喜ぶ顔を想像すると楽しいことではあるが、実の所
並大抵でない。
ポルトガルではまだまだ金銭を贈り物代わりに、という日本の慣わしは
あまり馴染みではないのだ。
               
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月13日

先週土曜日の終日仕事から帰って、ネ友ちゅうさんとかんちがいさんに
笑わされたのですが、その時、夫が横から話しかけていたのは、
「ボルサ宮で明日、ワイン・フェスティバルがあるから、行こうか。」
なのでした。

う~~ん、旅行の疲れも抜けきっていないし、ドッと疲れた土曜日の
翌日です、日曜くらいはドテ~ッとしたいけどなぁ、それに、ワインもシャ
ンパンももう当分いらんわ・・・と思っていたのですが、夫はその気^^;

もしかしたら、わたしのブログネタ提供のつもりかも知れないと思い、
こちらとしては彼にお付き合いのつもりで行ってきました。
ボルサ宮は、19世紀の建物でかつては商工会議所であったのですが、
現在はボルサ宮と呼ばれ見学可能です。現在外装修築中ですが、
宮と呼ばれるように内装が美しく特に「アラブの間」の豪華絢爛さには
目を奪われます。

ワインフェスティバルは、思ったよりずっとこじんまりとした催しでした。
達人ブログで案内していますので、興味のある方はこちらまでどうぞ。

さて、小1時間ほどもしてその会場を後に、すぐ側にリベイラになるので
「ちょっと散歩してみようか」と夫、日曜の昼下がり、久しぶりに夫と焼き
栗をほおばりながらリベイラをぶらついてきました。

↓のどかな秋のリベイラ。
ribeira


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月11日

パリ旅行案内2回目です。
シャンゼリゼ通り1
凱旋門から始まるシャンゼリゼ通り。この道の終わりがコンコルド広場。
そこからチュイルリー公園になり、ルーブルに続く。中央にかすかに
見えるのがコンコルド広場に建つオベリスクと観覧車。

歪んだ建物
横道の向こうに、ぬぬ?あれは新デザイン?と近寄ってみたところ、
実は工事中の建物のカバー用板に絵をあしらったのでありました。
それにしても小粋な!すっかり感心。

シャンゼリゼ通り
秋を見た。

シャンゼリゼ界隈の更なる写真をご覧になりたい方は、こちらまで。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年11月11日
ポルトの赤いキオスク
★ポルトの赤いキオスク

毎週土曜日の我が職場、月に1度はお弁当の日と称して、午後3時
までクラスがあります。お弁当の日は、クラスが終了した後、借用校で
あるポルトガルの小学校は使用できないので、近くのカフェへと場所を
移動して、職員会議をすることになります。
これが、わたしにとってはなかなか疲れることなのですね^^;

今日は幸いなことに、大阪出身の同僚が「ちらし寿司を弁当に作る
から、あんたの分も持っていく。」と電話をもらい、お弁当を作る手間が
省けましたが、クラスでしゃべり会議でしゃべり、しゃべりまくりの一日
ど~~っと疲れて帰宅。

どれどれと、pcオンして、まずブログを開けました。
すると昨日の日記「やはり黒板が好き」へのかんちがさん、ちゅうさん
のコメントが。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月9日

月曜日と金曜日朝9時半から、とある企業での日本語個人レッスンを
今週から始めました。車を30分ほどぶっとばしての距離ですが、7、8
年前にポルトの公立高校で開いた日本語教室以来の朝出勤です。

わたしは黒板なしのレッスンがどうも落ちつかず、家での個人レッスン
でも必ず黒板を使うのが慣わしです。
ホワイトボードではなくて、昔ながらの黒板が好きです。
近ごろのポルトガルの学校では、ホワイトボードを備え付けるところが
多くなってきたようですが、文字を書くときの、あのツルツル滑る軽い
感覚がどうも馴染めないのです。
それに、ホワイトボードはヘタクソな字が、更に下手に見えるような気が
するのだが、それは単に劣等感のなすワザか^^;
白墨で黒板にしっかり字を書くときの手ごたえが好きなんであります。

それで、レッスンを始めるにあたって、「黒板のある部屋がいい」と
言いましたら、ホワイトボードの部屋ならあります。」と案内された
部屋が、がーーーん!す、すごい部屋でありんした。
重役会議室とでもいうのでしょうか、重厚な大テーブルの上には何台
ものノートパソコンが乗っかっておるのであります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月8日

日本外国特派員協会の講演で「私の友人の友人がアルカイダ」と物騒
なことを言い放った我が国の法務大臣がおりましたが、そ、そんなこと
公で言っていいのかしら?と思っていた矢先のおととい、ポルトの旧
市街で床屋を装って隠れていた、ジハッド(聖戦)の訓練をイタリアで
密かに受けて、ヨーローッパで指名手配中のアルジェリア人が逮捕され
ました。

えー!いやはや、ポルトも物騒になったわねぇ、と夫と夕食をしながら
テレビのニュースを見入って、web新聞で確認すると、あらん^^;・・・
この通り、わたしが盲へびに怖じずでうっかり入って、我が家の掃除の
おばさんこと、ドナ・ベルミーラに「あららら、よくもまぁ、そんなとこへ
行ったこと!」と呆れられた場所ではないの!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月6日
カーテン無残

パリ旅行記事が何ゆえこんな写真で始まるかと言いますと、木曜日夜
旅行から帰宅してモイケル娘の部屋の電気をつけると、がーーーん!
ご覧の通り、留守中にカーテンによじ登ったヤツがいる!

5日間の留守中、5匹猫が自由に動き回れるスペースは、玄関ホール、
台所、息子とモイケル娘の部屋で、常日頃猫たちが日向ぼっこを兼ね
て集まっているわたしたちの部屋は開かずの間にして行ったのです。

犯人の見当はつく。1歳猫のゴローであろう。
何度か現行犯でとっつかまえていて、この部屋のカーテンはその都度
繕ってきたのである。

旅の疲れと、すぐ取り掛からねばならかった仕事の準備とで、だらし
ないけど3、4日ほったらかしでした^^;

人にお尻向けて知らん顔して外を眺めてるけど、こら、ゴロー!
他に花瓶も壊されてました・・・
お掃除のおばさんの話によれば、毎回ドアを開けるたびに玄関ホール
のカーペットがクチャグチャに丸まっていたとか(笑)
早朝5時前に家を出たので、カーペットを巻いて別場所に移して行くのを
忘れたのでした。

我が家の猫は、孤独を愛する動物ではあるけれど、意外と寂しがりや
なのですね。それで、飼い主が留守をすると、決まって腹いせに飼い主
の頭に来るようなことをしでかしてくれます。

今日やっと、この繕いができたのでした。

さて、パリ旅行記第一弾はなんと言ってもも凱旋門でしょう!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月5日

大阪在住の我が友、愛称赤レンジャーことゴッチが、今年も横浜で
コンサートに出演します。

下記、ゴッチからの案内メッセージです。
お近くの方、遠方の方、興味のある方、ゴッチに会ってみたい方、
老若男女かかわらず、応援にお出かけください。
入場料無料とあります!

ごっち、いいステージにしてね!


某社軽音楽部の定期演奏会に出演します。
 お近くの方はよければ遊びに来てくださいませ。
 出演バンドはHIPS(14:20~)と大固痛[ダイハード2](17:40~)です。
 HIPSで2曲、大固痛で6曲歌います。アコギも弾きます。

■■■■  軽音楽部 第17回 定期演奏会のご案内 ■■■■
秋冷の心地よい季節となりました。
本年も恒例の定期演奏会が開催されます。
皆さまお誘い合わせの上、お気軽に足をお運び下さい。

題目:(某社)情報・通信グループ軽音学部 &(某社)軽音楽クラブ
                     第17回 定期演奏会
日時:2007年11月10日(土)
場所:横浜アリーナサウンドホール(横浜アリーナの横)
http://www.iris.or.jp/~info-sh/
    JR横浜線・横浜市営地下鉄線「新横浜駅」から徒歩5分

入場料:無料

タイムスケジュール
開場 12:30
開演 12:50

 第1部   バンド名      ジャンル
  13:00~ Jack        ロック
  13:35~ Super Loose Socks ロック(プリプリ)
  14:20~ HIPS        ポップス
 第2部
  15:05~ SKJII        ロック
  15:35~ ひめこバンド    POPS
  16:15~ Rock'n Roll Garage B'z Rock
 第3部
  17:05~ あいも~ど。    ポップス(ちょいロック)
  17:40~ 大固痛       洋楽ハードロック
  18:20~ Jelly        ロック&アニソン

閉演 19:00
   19:15~ パーティー 【お客様参加歓迎】

 すべての演奏終了後、同会場にてパーティーを開催いたします。
 「ご来場の方」(出演者以外)につきましては、
 2,000-でフリードリンク(料理付)となります。
 演奏終了後、参加を受け付けますので、奮ってご参加ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2007年11月4日

木曜日夕方7時にパリ、オルリー空港を発ち、今回のフライトは予定
時間より早めにポルトに着陸。約2時間後には我が家に到着すると、
留守番をしていた五匹猫、全員でお出迎えでした(笑)

留守中は猫の飯はなしか?いえいえ、お掃除のおばさんがすぐ近くに
住んでいますので、コヤツラの三食は、ちゃんと仕事として彼女がして
くれます。ペットを飼ってるとこういうところにも支出がありまするよ^^;
見捨てられたかと心配するのか、数日留守の帰宅後は5匹とも決ま
って我がベッドから離れるものではない。
動物もただ食わせとけばいいってなもんではありませんね。

これまでの2回とも通関で意地悪されてあまりいい印象を受けなかった
パリでしたが、今回は良かった!
30年もすると、さすがフランス人も変わろうというもの。
何しろ、日本人のツーリストはお金を落としていくのですものね。
30年前にロンドンで予約して思い切ってパリまで飛んだ飛行機の中、
もちろんエコノミークラスでしたが機内はガラガラのガラ。
わたしの席の周りには誰も座っていませんでした。
素敵なホストさんがシャンパンを薦めてくれましたっけ^^
緊張してそれさえも「い、いりません」と断るくらいの小心乙女でした。
ほんとだってば!


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年11月2日
パリ・夕暮れ1
★パリの夕暮れ。コンコルド広場のオベリスクと後方に見える
 エッフェル塔


ただいま!パリから夕べ帰って参りました。
5日間遊び疲れて帰国しましたらドカ~ンと仕事が溜まっており、多少
気がせいております。

お掃除のおばさんから先ほど連絡が入り、宛てにしていたのに今日は
来られないとのこと^^;することが山ほどあるというのに、掃除機持って
今日は自分でするっきゃない!

一言、楽しかった!今回は最高でした。
疲れたのは、パリでのナイトライフ。
たまに着飾るのはいいけれど、毎日となると体力、気力、話力(!)の
三つの力が要りまする。四日も続くとその力もすっかり抜けてしまい
もうヘトヘトです・・・

こういう生活を余儀なくされるとしたら大変だな・・・とつくづく思って
帰って来、我が家のどうでもいいような食事が一番!なんて思って
しまいます(笑)

夫が会議出席中の日中は一人ですから、この3日間は日に5時間くらい
歩き回り、久しぶりに日本に似たような秋を感じて来ました。
パリのご報告は後の旅行記にて。

今日は大忙し、時間があれば後ほど更新いたします。
それでは!バタバタバタン@@

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ