fc2ブログ
2024年2月22日

今回の帰国はひょっとしたら最後にならないとも限らない。二カ月間の滞在先はほぼ東京だが、弘前、大阪、福岡をどのように縦断しようか、体力は持つだろうか。どのような旅程を組もうかと考えていたここ数日だった。

福岡には、5年ほど前まで横浜に住んでいたおじが自ら探して入った高齢者施設があり、そのおじが入院しているとの話がしばらく前に耳に入った。妹夫婦と是非とも訪ねなければならないと思っていたのである。

わたしは思春期真っ盛りの15歳の1年間、当時は東京から大阪に転勤していたおじおば夫婦と住んだことがある。彼ら夫婦に子供がまだいなかったので叶ったことなのだが、わたしと血のつながりがあったのはおじではなく、我が母の妹であるおばのほうだ。

石油会社のエンジニアだったおじは江戸っ子だった。わたしの小学生時代におばと弘前を訪ねてきたおじを通してわたしは都会の匂いを大いに感じたものだ。それはわたしの都会への最初の憧れであった。いつ頃からかわたしはいつの日にか都会へ出ようと夢見るようになっていた。

中学2年の冬休みに家族に無断で夜汽車に乗り大阪へ一人向かい、以後の1年間を共に過ごさせてもらったのである。これについては、下記に綴ってある。

・夜汽車に乗って:我が青春の「急行日本海」(1)
https://spacesis.blog.fc2.com/blog-entry-1184.html

夜汽車に乗って:我が青春の「急行日本海」(2)
https://spacesis.blog.fc2.com/blog-entry-1185.html


大人になってわたしは再び大阪に出て10年程を過ごしたが、その時はおじ夫婦には一人息子が生まれ東京、福岡と転勤を繰り返していた。わたしは時々、東京のおじたちを訪ねたものだ。アパートの家財道具を一切売り払って、アメリカ留学をする前も、今の夫と結婚してポルトガルに渡る前も、わたしは一か月ほどを東京のおじ宅で過ごしている。おじにはちょっとした秘密も打ち明けて相談にのってもらったりもした。

おばが亡くなった後も帰国時には妹と二人して、時には我が東京息子やモイケル娘も連れて会いに行ったものだ。横浜の自宅に住んでいた頃は、ポルトからしょっちゅうおじと電話で話すよう心がけたが、施設に移ってからはガラケーしか持たない人だったので、それが難しくなってしまった。

3月には会いに行くぞ!と決めていた。今朝、所沢の妹からおじの訃報を知らされた。わたしたちは間に合わなかったのだった。

母は9人兄弟だったが、大東亜戦争で戦死した母の兄はわたしたちが知らないおじだ。残ったおじたち、そしておばたちの連れ合いも含めたわたしたちの7人のおじはみな逝ってしまった。

You must believe in spring

おじを偲び、今日一日中聞いていた曲だ。
絶望的な冬を迎えても春は必ずやってくる。



読んでいただきありがとうございます。
ではまた。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2024年2月9日 

週1で掃除にやってくるお手伝いさんがリビングに入るなり、「ドナ・ユーコ、これなに?」と着物ハンガーに広げられてかかっている薄いサーモンピンクの訪問着を指さす。

着物1_1

あは、そか。着物と言うものを見たことがないのだな、と言うので日本の着物について簡単に説明した。盛んに「きれいきれい」を連発してくれるものでこちらも悪い気はしない。

写真は20代も後半の頃に亡き母から贈られたもので、母からの訪問着はこれが2枚目である。薄いサーモンピンクの色にあまり目立たない桜の花模様が気に入っている。母は着物が縫えた人で、自分や妹のものも縫っていたようだから、ひょっとしてこれも母の縫ったものかもしれない。数回ほどしか手を通さなかったのと、母に会う機会は帰国時の3年に一度ほどだったのでわたしはそれを聞きそびれてしまったのであった。

この春に帰国するが、今回はこの着物一式をモイケル娘に渡すつもりだ。併せて羽織、草履、着物用のバッグ、それにカンザシも一緒にと思っている。それで、和服の衣装箱から取りだして干していたのである。
kanzashi_1.jpg

もう一枚、母が着ていた紋付きの黒留袖がある。わたしの苗字は結婚後も独身時代のままなのでわたしがもらうことになったのだが、ポルトガルでは着る機会がない。そこで、衣装箱の奥にしまい込んでおくのはもったいないと、ボランティアの日本文化紹介展示会の都度、その黒留袖も下の写真にあるように紹介してきた。

Ovar2_2.jpg

これは丸に揚羽蝶の家紋が付いているので、婚姻で苗字が変わったモイケル娘には譲るわけには行くまい。苗字を持つ東京息子に残すことになる。

着物は寿命が100年くらいで一般的に3世代でも着ることができると言われるそうだ。わたしの着物が娘へ、そして、孫のソラ坊へ行くかも知れない。恐らく自分がいないであろうこの先の世界でソラ坊がこの着物を身につける未来をかすかに夢見ている。

亡き母からの着物の話に及んだ。書きだしたときは気づかなかったが、してみれば今日は母の命日であった。

ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2024年2月2日 

色々注文を言い出して来てカワイクない年寄りになってきた(笑) もういい加減な齢ゆえ不眠での長旅は叶わん、帰国の切符はビジネスにしてくれ。欲しいものは敢えてないが、キライなものは無理して食べたくない。できれば気の進まないこともあまりしたくない、と夫に。

寝泊まりにマットレスだけでは体が痛くてイヤや。貸布団もどこの誰が使ったか分からないので、使いたくない。せめて敷布団だけでいいから、用意してくれ。枕もクッションは眠れないからアカン、買っといてくれ、と我がモイケル娘に(笑)

帰国中の主なる滞在先は所沢の妹宅なので、そちらにはわたしが使えるベッド付きの一部屋が用意されてある。滞在中に数日単位で何回か泊まりに行く娘宅だ、多少の我慢はすべきなのだろうが、一昨年の体調不良で、この年齢には睡眠がいかに大切かを思い知らされたのであるからして。

2人とも(夫とモイケル娘w)胸中「こんにゃろめ」くらいに思ってるかもしれない(笑)が、あと10年あるかないかの人生だ、これくらいは好きなようにさせておくんなせ。

これ以上、カワイクない年寄りにはなりたくないので、娘と婿殿が孫に施す教育には口を出すまいと思っている。娘とわたしの子育て環境も違うので、そろそろこうしたらああしたら?とは言わないようにしている。

子育て時代はほぼ主婦専業だったわたしだ、働きながらの保育園送り迎え、炊事洗濯掃除、自分の娘のお相手と想像しただけで気が遠くなりそうだが、現代社会は日本もポルトガルもそういう女性が多く、我が娘をも含め女性たちのすごいバイタリティーに感心している。

が、人間の本心などどこかで何かの拍子にボソッと出たりするものだ。この間、夫に「ソラちゃんがもう少し大きくなってテーブルに向って10分くらい座っていられるようになったら、オンラインでお勉強遊びなんてどうだろかな?」と口から出た(笑)

出たー!と夫に言われた・・・孫の教育には口出しすまいと言いながら、心のどこかでこうしてあげられたらな、との思いが口をついて出たのである(笑) 娘たちの近くに住んでいたならできるであろうし娘の手助けにもなるかも知れないが、なにしろポルトガルと日本の距離である、なんともしようがない。オンライン以外は(笑)

その反面、これでいいのかもしれないなと思ったりする。側にいて、ああだこうだと色々なことに口出し、指図しては、ビジネスクラスだ、敷布団だとねだるより、もっと「カワイクない」年寄りになるかもしれない。

物事によっては、「カワイクなくて結構」と言い切れることもあるが、この件に関しては娘には娘の子育て。わたしの子育てはほぼ完了したのであったっけ。

ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2023年12月20日 

今朝のポルト、朝の気温は2度、昨日に引き続き朝からヒーターをつけること二度目です。さぶ~。

さて、先週金曜日、東京近郊に住むモイケル娘がソラ坊を連れて病院へ行ったところ、胃腸炎診断をくだされたと言う。日中は比較的元気なのに、お腹をくだしたり夜中に吐いたりしていたらしい。ほんまによく病気になる子やなぁ、と少々気になるところではある。

そう聞いたのは先週末のこと。
じゃ、明日(つまり昨日の月曜日)はまた欠勤だね、とわたしが言うと、うん。多分出勤は無理だと思う。明日はオランダから現地の社長が来るので、付きっきりの対応をするはずだったのだ~、と半泣きであった。

モイケルの連れ合いも明日は既に仕事の予定が入っておりソラ坊の面倒の代替は不可能らしい。かんじんの時に役立たずな通訳じゃ~、もう部長もあきれ果ててるだろうなと本人自ら言っておったが仕方あるまい。子供の病気は時場所を選ばんものだ。首にするならしてくれと腹をくくったモイケルであった(^^;)

そして、昨日の月曜日、日本時間の夕方、ポルトでは朝8時半のこと、パソコンのスイッチを入れるとモイケル娘からメッセが入っている。「つかれた~。私、在宅会議、ソラ坊、在宅勤務~」ですと(笑)ソラ坊の在宅勤務とは遊ぶことであるがな(笑)

娘の病気で欠勤するつもりでおったのが、結局、在宅会議になったようだ。最初の1時間ほどは、ソラもおとなしくしていたようだが、途中から会議に乱入して来、あの手この手で、人の気をひこうとするんじゃ~、と(笑)

最後はソラ坊、半泣きでわたしの膝の上でぐお~っといびきかいて寝てた、と言う。おいおい、そのいびき、文句を言いたい「ふんふん」の彼女の鼻声とともにあちらに聞こえてたんじゃなかろか?
聞こえてたんだろなぁ、って(笑)

女性にとり、幼子を抱えての勤務は本当に大変だろう。雇う側も太っ腹でないとなかなかできないことだ。まして、幼子を側においての在宅勤務とは、モイケル娘、苦労しとるのぉと、遥か遠くに住む母は手助けできないのが悔しいのである。

娘の話を聞きながら、これがずっと続くわけではないからガンバレよ~とせめては声援を送る。

ではまた。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
2023年12月4日 

我がモイケル娘とはあまり日を置かないうちにスカイプで文字チャットをする。それは彼女の仕事が終わって家路に向かう電車内だったり、夕食準備の前だったりする。孫のソラが加わる時はビデオチャットになる。

東京息子とは、と言えば、モイケルと話すほど頻繁にとは行かないが、「今日は Coq ou vinを作った
Coq ou vin

とか,
こんなことをして来たとか、だいたい写真付きで元気?で始まる短いメッセが入る。

baot1.jpg

日本とポルトガル、遠く離れている親子だが、子どもたちに気にかけてもらえるのは正直な気持ち、嬉しいものだ。

先日、モイケル娘夫婦が娘のソラを伴って、近くの大学の学園祭を覗いてきたのだそうだ。「大学生ってわかい~!」とのたもうていた(笑) お主もそういう時期が少し前にあったんだよね、と私。

ソラもいつかこういう所に行くかなぁ、行けるかなぁと思いながら見てた。あんまりチャラくなりませんようにぃ~、って(笑)←ここは親が育てるんじゃ~とは影の声。

さぁて、孫がどんな子になるのかは楽しみでもあり多少気になることでもある。ビデオチャットを通してわたしが見る孫は、何しろ、四六時中喋りまくり動き回る、本人の言葉を借りれば、3歳の人間なのだからして。

「ほんでね、自分の中学高校のことも思い出してみたら、あの頃はクラスメイトとはあまりうまく付き合えなかったけど、その分お母さんから色々な話が聞けてよかったなぁと感謝していた所であった(^^)」ですと。

ほんまの事を言えば、娘がどうのこうのだからとの教育的見地に立って意識的に色々話したわけではなかったと思う。わたしが当時のモイケル娘の年齢の時、我が家は常に火の車で母は働きづくめだった。母に怒られたことこそ一度もなかったが、母娘でゆっくり話をするということもなかったのは、生活にそういう余裕がなかったわけだが、後で思えば残念なことであった。

母は田舎での仕事を定年退職して後、東京にいた妹家族と暮らしたのだが、母が亡くなるまで「苦しいなかを育ててくれてありがとう」と感謝の一言をついに言わずじまいになってしまったのをわたしは後悔している。母の若かりし頃をわたしはあまり知らないのである。

モイケル娘に色々自分の体験を話したのはそういう気持ちもどこかにあったのかな?ま、今現在もこうして綴っている拙ブログも、二人の子どもや孫に残していくわたしの自伝もどきのつもりでもあるのだが。それと、母と娘、女同士だしねぇ、という気持ちもあると思う。

娘に「感謝してる」と言ってもらったおっかさんは、「おぉおぉ、なんのなんのw」と、答えて、照れくさかった(笑)

で、モイケル娘の最後の言葉が「おっかさん、怒るとコワ過ぎなんじゃ~」(笑) あったり前よ!怖くない怒り方って効くかいな!怒られたときほんとにビビったんだろなと思うと今更ながらクックックと笑いがこみ上げてくるわい(笑)モイケルママのは叱っても、ソラ坊、コワくないかもなぁ。優しいから(笑)

どれどれ、春に帰国したらイカンところはしっかり叱ってあげよか。「ばぁば、キライ!」となったらそれもまたよし、だ(^^)

753_8_1.jpg

30年前にモイケルママが使ったビロードのバッグを手に、テコテコ歩く小っちゃなソラ坊の後姿になぜか心惹かれて・・・しっかり大きくなるんだよぉ。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックしていただければ励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ spacesis in ポルトガル - にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ